超初心者でも簡単にできるインターネットを利用した確定申告の仕方・方法について解説

確定申告 初心者講座

「国税庁の確定申告書等作成コーナー」を利用した確定申告の仕方/方法を解説
< HOME
News【公的年金等に係る申告不要制度について】
国税庁のホームページより抜粋⇒「平成23年税制改正により、平成23年分以後の各年分について、公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税の確定申告をする必要がなくなりました。」
詳しくはコチラ

【確定申告 初心者講座】について

当サイトは、インターネットで「確定申告」を行うための初心者講座です。
収入別の申告の仕方から知って得する節税対策・各種控除についてなど、国税庁のホームページにある「確定申告書等作成コーナー」を利用した解説です。

インターネットで確定申告するメリット

サーバ等支障がないかぎりホームページにて行うので原則、24時間利用できますので自分の都合にいい時間に作業が出来る。
また、「国税庁の確定申告書等作成コーナー」にある項目にそって値を入力するするだけで「確定申告書」が作成されるのでとても便利です。

日ごろから源泉徴収票や医療費控除などに必要な領収書・住宅ローン控除に必要な借入残高証明書などを整理しておけば短時間で「確定申告書」を作成することができます。

なんといっても一番のメリットは、エクセルや手書きで確定申告書を作成すると税制改定などで変更があって計算の仕方や係数などが変わった場合に対処するのは大変です。(変更内容によります。)
その点、国税庁のホームページにある「確定申告書等作成コーナー」を利用する事で、税制改定があって計算式が変わっても、値を入力するだけで変更箇所が反映された申告書が作成されるので安心です。
※計算式の修正などの手間がかからないので非常に効率的です。
※国税庁には「e-tax」というのもありますが、始めるまでの手間や準備があります。

入力する項目は人それぞれで、数項目の入力で完成する場合と収入源が複数ある方や複数の控除を受ける方などは複数項目の入力が必要になって時間もかかってしまいます。
ですが、入力途中でもファイルとして書き出し、そのファイルを読み込んで引き続き作業ができます。

入力結果を印刷して、そのまま税務署に提出すれば正式な「確定申告書」として受理されます。
※税務署に申告する際、必要な領収書などの添付書類も一緒に提出する。

必要なパソコン環境

パソコン環境
OS:windows2000以降を推奨
ブラウザ:InternetExplorer6以降、Firefox3.5以降を推奨
*JavaScript機能をONにする必要あり、OSではMEや98系でも利用できますが一部の機能が利用できない場合もあります。
MAC OS X 10.3以降を推奨
インターネットに接続されたパソコンとプリンター

PDF閲覧ソフト

Adobe Reader
作成した申告書を表示するために必要です。
無料PDF閲覧ソフト:ダウンロード
Adobe Reader ダウンロード

初心者講座集
裁判員制度 初心者講座

ブックマーク
はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加

サブコンテンツ
申告書の種類
e-Taxとの違い
確定申告の期間・期限
よくある質問・疑問 Q&A
利用規約
相互リンク集

お勧めWebサイト
国税庁の確定申告書等作成へ
タックスアンサー

Link Free
当サイトはリンクフリーです
NAME : 確定申告 初心者講座
URL : http://kakutei.mamechishiki.net/
BANNERバナー