生前贈与について注意事項と活用の仕方について解説

確定申告 初心者講座

確定申告の生前贈与の活用について解説とアドバイス
< HOME / 生前贈与の活用

生前贈与の活用

遺産相続などに関わる確定申告として、生前贈与の特例(相続時精算課税制度)があります。
節税になる可能性もあるので知っていて損はありません。生前贈与を利用した方がいいのかどうか検討してみましょう。

生前贈与の特例(相続時精算課税制度)とは

生前贈与の特例(相続時精算課税制度)とは、生前贈与を行う際、受贈者(財産を貰う側)の選択により、その贈与財産の価額が受贈者1人に付き2,500万円を超えたら贈与税を支払い、その後、相続が発生した時に生前贈与した贈与財産と相続財産を合算した価額をもとに発生した相続税額から生前贈与時にすでに支払った贈与税を控除することにより、相続税・贈与税を通じた納税をする制度です。

適用対象者
贈与者(財産をあげる側)は65歳以上の親、受贈者(財産をもらう側)は贈与者の推定相続人である20歳以上の子とされています。
※年齢は贈与の年の1月1日現在の年齢のもの。

適用対象財産
贈与財産の種類、金額、贈与回数に制限はなし。

贈与時の非課税枠
通常、相続時精算課税制度は2,500万円となります。

生前贈与の特例(相続時精算課税制度)のデメリット

生前贈与の特例(相続時精算課税制度)では、受贈者1人につき2,500万円と贈与時での非課税枠が大きいことから、相続税が最初からかからないことがわかっている場合には、早めの財産移転を行うことで争族の防止効果も期待できます。
しかし、デメリットとして、相続発生時には、小規模宅地の評価減が利用できなくなる・相続時精算課税を利用した場合、その後の撤回(キャンセル)が出来なくなる・贈与があった年分には、必ず贈与税の申告が必要になるなどのデメリットもあります。
このように相続時精算課税制度にはデメリットもあるので従来型の生前贈与が見直されています。

従来型の生前贈与で節税対策
従来型の生前贈与の活用