超初心者でも簡単にできる確定申告について解説

確定申告 初心者講座

確定申告に関する初心者向け講座、「確定申告とは」について解説
< HOME / 確定申告とは

確定申告とは

確定申告とは、自分自身の収入にかかわる税金の計算・申告・納税を行う事。
申告納税を行う場合に、納税義務者がその年の実績に基いて所得金額とそれに対する税額とを計算し、源泉徴収額や予定納税額との過不足を確定して申告納付することです。

確定申告について

会社員(サラリーマンなど)であれば給与にかかる税金の処理は原則、会社が「年末調整」という形で行ってくれています。 しかし、個人事業主などの方は、自分自身で収支管理をして税金の計算や納税を行う必要があります。
※税理士や団体に委託している場合は別です。

会社員(サラリーマン)でも、副業(サイドビジネス)などをされている方で給与以外の収入がある方や一定以上の給与収入がある方、住宅ローンを組んでいる方などは、個別に確定申告をする必要があります。

税金計算の対象

会社員の給与から取られう源泉所得税も個人事業主などが行う確定申告も共通している所は「儲け」にかかる税金が対象という事です。

税金計算は「儲け」の部分にかかる税金!

この「儲け」のことを税務上は「所得」といいます。

所得にかかる税金のことを「所得税」で、その所得税の納税の仕組みの一つが「確定申告」と考えると分かりやすいと思います。

確定申告の概要

1月1日〜12月31日の1年間の期間で得た全ての所得に対して翌年の2月16日から3月15日までの期間(期限)内に確定申告書を提出し、源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金などとの過不足を精算する手続です。

※元旦から大晦日までの1年間を基準とすることを「暦年基準」といいます。

ブックマーク
はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加

サブコンテンツ
確定申告の期間・期限