確定申告書等作成コーナーの入力手順について解説

確定申告 初心者講座

宝くじ・懸賞による収入で確定申告が必要な方について
< HOME / 確定申告が必要な方 / 宝くじ・懸賞による所得

確定申告が必要な方

宝くじ(ジャンボ,loto6,miniloto,ナンバーズ,totoなど)で当選した場合に税金はかかるのでしょうか?

結論からいいますと基本的には「非課税」です。

宝くじによる所得

あくまで個人が受け取る当選金については非課税という事が重要です。

ジャンボ宝くじを例に上げますと、1枚300円の内、約40%の約120円分は発売元の各自治体の収益金となりますので税金を購入した際にすでに払っていると同じ意味合いになり、当選金の額に関わらず非課税となります。
また、『当せん金付証票法』で、所得税を課さないこととなっていますので、宝くじは、何億円を当選しても非課税扱いということになります。

ただし、当選した方が個人でも課税の対象になる場合があります。
当選金を家族で分け合う場合には「贈与税」として課税の対象になります。
*贈与される方の金額が年間110万円以下(基礎控除額)までは贈与税はかかりません。

また、宝くじの購入の際、よくあるグループ購入でも当選金を分配した場合には同じように「贈与税」の対象になります。

当選金で家を購入または高級車を購入する場合に、お金の出所を税務署から聞かれる場合があります。そこで、銀行から「当せん証明書」を発行してもらう事が出来ますので、当選金を受け取る際に「当せん証明書」も発行してもらいましょう。

懸賞・福引などによる所得

懸賞・福引き・競輪・競馬などの所得は「一時所得」となりますので、原則、課税の対象になります。

一時所得や税額の計算方法
一時所得の金額 = 総収入金額 − 収入を得るために支出した費用 − 特別控除額(最高50万円)

*クイズ番組などの賞金も「一時所得」になります。