超初心者でも簡単にできる確定申告について解説

確定申告 初心者講座

フリーター(アルバイト・パート)の確定申告
< HOME / 確定申告が必要な方 / フリーター(アルバイト)の確定申告

確定申告が必要な方

複数からの収入源がある代表格はフリーターかもしれません。
「フリーター(アルバイト・パート)は確定申告が必要なのか?」について解説します。

フリーター(アルバイト・パート)の確定申告

結論からいうと、年間30万円を超える支払いがある場合は市区町村に報告の義務があるため、そのような収入がある場合は確定申告が必要になります。

例として、年間収入がA社から100万円・B社から60万円・C社から80万円の場合、合計で240万円になります。 当然、各社の支出が30万円を超えていますので、市区町村に報告がいきます。
確定申告をしなかった場合、「申告漏れ」になりますので税務署から通知がいく場合があります。

ただし、アルバイト・パート収入は、通常「給与所得」になりますので、年収から給与所得控除額を差し引いた残額が給与所得の金額となります。
給与所得控除額は最低65万円ですから、所得税の場合には基礎控除38万円をプラスした103万円以下でほかに所得がなければ税金はかかりません。

ブックマーク
はてなブックマーク追加 MyYahoo 追加 delicious ブックマーク追加 livedoor クリップ追加 google ブックマーク追加 buzzurl ブックマーク追加 nifty クリップ追加

サブコンテンツ
年収と年商
フリーターの確定申告