超初心者でも簡単にできる確定申告について解説

確定申告 初心者講座

医療費控除とは:確定申告の知っていて得する節税について
< HOME / 知って得する節税 / 医療費控除とは

知って得する節税

知っていて損のない節税について学び、賢く確定申告をしましょう。

医療費控除とは

医療費控除とは、確定申告の際、一定の条件を満たし、認められれば税金を免除または減税してくれる制度(医療費に対する所得控除を受ける事を医療費控除といいます)。
原則、美容目的などの治療目的ではないものは医療費控除の対象外というのが基本です。

医療費控除の豆知識

医療費控除の対象者
税法上の医療費控除の規定は、納税者が、本人または本人と生計が同じ配偶者その他の親族の医療費を支払った場合で、1月1日〜12月31までの期間に支払った医療費が対象になります。

医療費控除は、対象者でまとめて申告
医療費控除の計算式は、以下の通りです。(最高200万円)

計算式:実際に支払った医療費の合計金額 − (a) − (b)

(a)「保険金、損害賠償金などで補填される金額」を「正味支出医療費の額」といい、主に生命保険などで支払われる入院費給付金や健康保険などで支払われる高額療養費・家族療養費・出産育児一時金などを指します。

(b)基本は10万円ですが、総所得金額が200万円未満の方は「総所得金額の5%」を引きます。

※総所得金額とは、会社員でいうと給与所得であり、事業主では、事業所得の金額になります。
その金額からそれぞれ必要経費を差し引いたのが所得となります。

各人それぞれが200万円の所得があると仮定した場合、10万円以下の医療費は控除の対象になりませんので、対象者の医療費を合算してまとめて申告することで対象になる可能性がある為、「対象者でまとめて申告」する事をお勧めします。

また、病院までの交通費も控除の対象になる場合がありますので、タクシーなどを利用した場合には領収書も貰っておきましょう。

いざ、確定申告で医療費控除を申告する際、なかなか領収書が見つからなかったり、整理されていないと悩む原因にもなりますので、対象者が常に病院(交通費含む)などの領収書をまとめておくと申告がスムーズになります。