e-Taxと確定申告書作成コーナーの違い・比較

確定申告 初心者講座

「確定申告書等作成コーナー」と「e-Tax」の仕組み
< HOME / e-Taxと確定申告書等作成コーナーの違い・比較

e-Taxと確定申告書等作成コーナーの違い・比較

インタネートを利用して確定申告を行う方法は、確定申告書等作成コーナー以外に「e-Tax」という仕組みがあります。

e-Taxとは

e-Taxとは、インターネット経由で確定申告・電子納税を行うシステム。
国税電子申告・納税システム」ともいわれて、納税者のパソコンと国税庁のシステムの間を高度なセキュリティで守られたネットワークでつないで、納税データのやりとりをインターネット経由で確定申告・電子納税を行うシステムです。

e-Taxと確定申告書作成コーナーの違い

「確定申告書等作成コーナー」では必要なかった、個人認証の為の電子証明書、ICカードまた、登録制の専用ソフトをパソコンに取り込む必要があります。

インターネットを経由してるので、個人情報の漏洩の危険は少なからずありますが「確定申告書等作成コーナー」よりは「e-Tax」の方が個人情報の漏洩の危険からみても安心です。
ですが、準備に時間がかかったり事前に準備する機器(ICカードリーダーなど)もあるのでお金も必要になります。

e-Taxのメリット

e-Taxで確定申告する場合、申告はもちろん納税も出来ますので、インターネット上ですべて完了します。
わざわざ税務署や銀行・郵便局などに行く必要もなくなり、環境が整っていれば自宅でも出来るのが最大のe-Taxのメリットになります。
インターネット上で全て完了してしまうので、税務署などの窓口の時間も気にすることなく、自分のペースで確定申告の手続きが出来ます。 また、所得税の確定申告の際は、源泉徴収票や医療費控除などの領収書の提出を省略できるメリットがあります。
*確定申告期限から3年間は提示や提出の要請があるかもしれません。